ドレスコードは、高級レストランやパーティーだけにあるのではない

 

 

今日は

 

「ドレスコードは
高級レストランやパーティーだけに
あるのではない」

って話をしたいと思います!

日常の中で、なんとなく
「ダサい人お断り」
が存在している
それが世の中の
リアルじゃないかと思います。

 

 

よく
自分の周りの5人の平均年収が
自分の年収なんて話
聞いたことある人多いと思うけど。

それって別の言い方すれば
服のセンスが似た人たちが集まる
って言ってもいいと思うのです。

 

 

なぜなら

年収が近しい人同士であるなら
おそらく
洋服にかけられる金額も似ているだろうし
洋服に対しての考え方も同じじゃないのかなと。

だから
一緒に居ても違和感なく居れる気がするんですよ。

 

 

もし
その中に、めちゃくちゃお洒落に
お金を注ぎ込んでいる人がいるとしたら…
きっとそのほかの人からは

なんで、そんな洋服を買えるの?
なんて単純に疑惑の目を
向けられちゃうかもしれないね。

 

 

妬みやっかみだったりする訳だけど
結局ダサかった身嗜みの男って認識から
自分の身嗜みに対しての自信のなさを
正当化しているだけなんだと思う。

 

 

これが仮設だとしたら…よーく考えてみて。

 

 

今の自分の身嗜みがあまりイケてるとは思えない、そんな人は

身嗜み、要は洋服をまずは変えれば、
周りにいる人も変わってくると思わない?
類は友を呼ぶ
って言葉あるくらいだもんね。

 

 

昔からの仲間は仲間。
でも、ビジネスなどでは
ステージが上がっていかない限り
貴方の人生の満足度も
きっと上がってはいかないと思う訳。

 

服選びは
人間関係を選ぶこと


て言っても過言でない気がしてます!

 

 

hide

 

このような調子でほぼ毎日オンラインコミュニティーにてファッションに関しての思考法やら、僕が進めている企画の話をほぼ毎日配信しています。

興味がある方はコチラから


 

自分スタイルを一緒に作りませんか?詳しくはコチラから