OKIHIDEKI.com

【hideブロ】家具のデザイナーをしていた時に学んだ事

 

 

今日は、デザインの見方を

 

家具デザイナーをやっていた時に、日本の代表する家具デザイナーのIさんから教えてもらった見方を話しますね。

 

え???
家具デザイナーやってたの知らなかった!メンズファッションだけかと思ってた!

 

なんて思ったでしょ〜〜〜

 

そうそう。若い頃(20代後半)に一時期、3年ほどね。

 

今はもうないですけど、その頃、芸能人が御用達にしていた高級輸入家具屋(大塚家具ではないです)でオリジナルソファの製作するデザイン担当していました。

 

もう過去の遺物としか思っていませんけどね。

 

そのデザイナーのIさん(アイさん)から教わったのは

 

 

>>>>>>>>>

 

まず鉛筆でもボールペンでもいいから、白紙に「点」を描いてみなさい。

 

そして

 

点を縦に重ねて書き続けて見ると・・・

「線」になるだろ。

 

 

その「線」を今度は横に増やしていくと・・・

「面」になるのはわかるかな?

 

 

そしてその「面」を3次元に使うと

「空間」になるんだ。

 

 

家具も中は空間だろ?そう思って
デザインを見る様にすると

 

デザイナーがどうして角を丸くしたのかとか、この椅子の足はどうして猫脚にしたのかが、伝わってくる様になるからそういうモノの見方をした方がいいよ。

 

<<<<<<<<<<<<<

 

 

こんな話をしてくれたんだよね。

 

それからってやっぱり家具がものすごく面白くなったしこの考え方って、ファッション=洋服にも当てはまると思うんだよね。

 

 

人間の体を空間と見立てれば、この考え方は腑に落ちるしね。

 

 

これを知ってからは

洋服のデザインの良し悪しがものすごくわかる様になったよ。

 

ものすごく綺麗にラインを持って行っている洋服もあれば

 

これ、やっつけでしょう。どう考えても無理があるじゃん。

 

 

こういうことがなんとなくでもわかる様に感じる様になれると、ファッションをもっと楽しめる様になると思うよ。

 

 

これも、継続することが大切で、いきなり、今からわかる様にはなかなかならないからね。

 

 

興味を持ってモノをみること。

 

 

そこからですからね!

 

 

hide

 

 


 

ファッションの着こなしへの思考を確実に変化させ、

ファッションを楽しめる方法や考え方を

hideSTYLE流にお伝えしています。

詳細はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください