勝負服はHow Match?〜hide式着こなし術

よく勝負服って言われることあるし、そういう位置付けの服があるのは知ってるよね。

女性は特に、その位置付けの洋服を持っていると思うけど。

私の接客体験からすると・・・

ほとんど通常着ている金額のスーツに多少お金をプラスした価格帯で考える人がほとんどなんだけど、あなたの勝負服はどうでしょう。

勝負服と言うのはどんな場面で着ますか?

 

友達の結婚式?

合コン?

とても大切な記念日?

入社式?

子供の入学式?

卒業式?

 

外見があなたの印象を決めることは読んでいる貴方は承知していると思います。

 

そもそも勝負服って貴方を最大限素敵に演出するべく洋服であり、もしくは一緒に時間を共有する人をエスコートすることが目的ですよね。

だとすると・・・

いつもと同じ価格帯で勝負服にできますか?

スーツというのは、価格は嘘を付かないと思っていていいです。

同じ縫製で作っても、生地の良し悪しで価格は変わりますし

縫製よっても価格が変動します。

工場でのミシン縫製とハンドメイド縫製でも雲泥の差が生まれますし

スーツのインナーに使われている部材によっても価格は変わります。

そして、当然ですが、どれだけ(何着)生産されているかでも価格は変わるわけです。特にメンズファッションなら顕著です。

 

ですから

ハンドメイドのスーツがどうして何十万円もするか、理解できますよね。

 

 

ではここで、どう基準をご自身で持てばいいかですが

私がオススメしている考え方は

通常着ているスーツの価格の2倍

をオススメします。

 

3万円のスーツなら・・・6万円以上のスーツ

5万円のスーツなら・・・10万円以上のスーツ

8万円のスーツなら・・・15万円以上のスーツ

10万円のスーツなら・・・20万円以上のスーツ

 

これを目安にすることです。

あなた自身がいつも買っているお店で一度見てみると

いいと思います。

いつも買っている2倍の価格のスーツがどんな代物なのかをチェックしてみましょう。

 

 

でもちゃんと勝負服を持つのであれば・・・しっかりと自身の体重管理を忘れないことです。

そんなに勝負服を着る機会って、多くはないですよね?

 

なのでしっかりとご自身の体重。特にウエストは

気にするようにしないとですね!

是非、いつまでも格好いい男で居ましょう。

 

#パーソナルスタイリスト

#自分スタイル

#自分ブランド