OKIHIDEKI.com

あなたの中にある軸をブレさせない〜自分ブランドの作り方<3>vol.12

周りから信頼される自分ブランドを作るには「行動の軸」はやはり必要になると思います。

 

「この場合はこうで、この場合はこう」

 

なんてその都度、あなたの態度が反対な行動を取っていたら、周りはどう感じるますか?

「風見鶏」という言葉がありますが、そういう人って、なかなか信用しにくいですよね。

会社内でもよく見かけることがありますよね。上司にスリスリしている割には、いざ、居ないところでは上司に対して否定的な発言をしている人。

僕はそんな奴をみると、ほんとゲンナリしていました。

 

わかるんですよ、その態度も。

上司に嫌われたら左遷されるとか、そういうアホくさい風習がまだまだ残っている会社がゴロゴロしていることは。

 

企業に務める以上、収入を増やして行くには、その会社でどう振舞って行くかになりますもんね。

 

でもそんな状況で仮に、出世したとしても、いざ、上司が時流から外れると、あっという間に、その流れは無くなりますよね。

 

その状況は僕が企業に居た時に、イヤってほど見てきました。その時に人事ってえげつないくらい排除されますもんね。

 

でも、軸を持っていればその事変に流されることはないと思うのです。企業でいれば、どの派閥にも属さないみたいな。

「利害は関係なく、誰のためにその仕事をするのか」

それが大切ではないかと。

 

それが人のためになることが大切だと思うのです。でもそこで、出世や給料アップなど、見返りを求めているようでは、流れが変わった時に一緒に流されてしまうのがほとんどですよね。これでは、あなた自身、自分で勝負するには、あまりにも脆すぎです。

 

でも、ここで、僕の経験値で言うなら、親しいからと言って、なんでも受けてしまうことだけはやめたほうがいいと思います。自分の首を締めるだけなので。

 

自分ブランドを確率するのであれば、

「誰に何ができるのか」

が一つの考え方ではないでしょうか?

 

それは仕事に限らずです。それが貴方の行動でブレなければ、貴方の自分ブランドの軸になってきます。

そしてそれを積み上げること。それが重要ですね!

 

by   hide

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください